" /> 空高く、遠くで輝く月のように。: いつかきっとドットコム

空高く、遠くで輝く月のように。: いつかきっとドットコム

空高く、遠くで輝く月のように。

2008年04月14日

いつかきっと、アップル星人

2007年5月、私にとって、とてつもない大きな事件が起こりました。
それは、第2回 StartMacモニターに選出されたことです。

なぜ、それが事件なのか?
14,347通の中から選ばれた50人分の1人であるのもさることながら、
時を同じくして、夫が入院 → 手術することになり、
モニター選出に歓喜しつつも、内情はテンヤワンヤ状態だったからです。

MacBook が届いたというのに、夫の入院に続いて自分の体調もダウンし、
はたまた親類の不幸が続いたりと、続くときは続くものです。
届いたMacBook を開梱できぬまま時間だけが過ぎていきました。


けれど、明けぬ夜はないと申します(ちょっと大げさ…笑)。
MacBook が届いて1ヶ月が過ぎた頃には、もろもろが落ち着き、
久しぶりに私のMac ライフがスタートしたのです。

久しぶりに?
そうです、私は12年前にもMac ユーザーだったのです。
ほんの一瞬だけですが…。
初めて自分で買ったパソコンは、パフォーマ5430でした。

ですが、それを購入した直後、私は体調を崩し入院してしまいました。
そして、病気から復帰した半年後には、仕事の関係で
使用パソコンのOSはWindowsでなければダメ!とのお達しが…。
いきなり私の家に、富士通のPCがデンっと運ばれてきたのです。

そうして、私にとって初めてのMy PCであるパフォーマ5430は、
だんだん隅に追いやられ、ある日友人に譲ってしまったのでした。


いつかきっと、アップル星人

あれから12年。
今、私の元には美しいMacBook があります。

ひと昔前のパフォーマと違い、
いきなり爆弾マークが出て冷や汗をかくことはもうありません(笑)。

なによりすごい&楽しいのは、
自分でしたい作業のほとんどが、見ながら、聴きながら、
自分の好きなように編集作業を進めることができ、
その都度それらをドラッグするだけでできてしまう、ということ。

とはいえ。
StartMac モニターを経てMacBook のユーザーになってもうすぐ1年。
使いこなせているかと言えば、まだまだの領域です。

私にとって、アップルは「空高く、遠くで輝く月」のような存在です。
いえ、手の届かない存在という意味ではありません。
月光のように、いつも穏やかに見守ってくれているの意です。

地球上のどこに旅しても、夜空を見上げればいつもそこには月があるように、
今、私の傍らにはいつもMacBook があります。

いつかきっと、アップル星人(MacBook を使いこなせる人)になるべく、
ここでは自分用のメモを兼ね、
MacBook で気軽に使えるTips などを並べていこうと思います。

Apple Store(Japan)




※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧