" /> Salon de Sylvie Living Photo Class 特別セミナー【2】: いつかきっとドットコム

Salon de Sylvie Living Photo Class 特別セミナー【2】: いつかきっとドットコム

Salon de Sylvie Living Photo Class 特別セミナー【2】

2008年06月09日 Comment(3) Trackback(1)

Salon de Sylvie Living Photo Class特別セミナー

Salon de Styling Photo Class 特別セミナーに参加してきました、その2記。

当日は前日までの寒い雲り空から一転、夏日の暑い1日となりました。
会場は、神楽坂をちょっと奥に入ったとっても素敵なレストラン
maison de la Bourgogne だったのですが、
このレストランが会場になったのはワケがあったみたいです。


おうちで楽しく! リビングフォト
おうちで楽しく! リビングフォト


そのワケとは、「女性向けのイベントは、やっぱり素敵な会場でないと…」
著者であり、講師の今道しげみ先生のリクエストだったとのこと。
素敵なLiving Photoを撮るには、素敵な演出も必要なのですね。

そんな素敵なレストランに、
デジタル一眼レフを持った女性が20人も勢揃いして (すごーい)
まずはリビングフォト講義を1時間お聞きしたのでした。
神戸や京都から参加の方もいらっしゃっており、
レストランの奥のスペースで行なわれた講義は楽しくも熱気ムンムン!

Living Photoのポイントは、なんといっても「ぼけ感」のある写真。
どうしたら、ふんわりとした柔らかいLiving Photoが撮れるのでしょうか?
それには、こんなコツがありました。
・絞り優先で撮ること
・F値を1.4~2.8にすること
・「露出補正」をプラスにして明るめに

また、ナチュラルに仕上げるコツとしては、
・自然光
・逆光
・晴れた日の日陰、または曇りの日
・レフ板

それから…。
スタイリッシュ・ショットのポイントは、「縦」の構図が決め手!
などなど、今道ワールドのコツをお教えいただきました。

私は今まで何とはなしに「縦」位置の写真が好きで、
写真を撮るときに「縦」の写真ばかりを撮っていて、
ここに掲載している写真も「縦」の写真ばかりなのですが…。

理屈が分からないなりにも、
何気に「縦」の写真を撮っていた自分に、ふふふとほくそ笑んだり
なーるほど、と納得しつつも、この日の急激に温度上昇した暑さに
少々グッタリしてしまいまして、出版社の社長挨拶を
クーラーの効いた室内から遠く聞いているというテイタラク…。
ちなみに、右側に映っている後ろ姿が今道しげみ先生です。

Living Photoのような美しい写真を撮る以前に、
暑さに負けない体力と熱意が必要なのだと思ったりも。
さらにさらに、私の場合、
いつもピントが甘いので、そちらをナントカしなきゃ、なー。
(でも上の写真はガラスに貼ってある店名にピントを合わせたの、とイイワケがましい私)

> Salon de Sylvie Living Photo Class 特別セミナー【3】へ続きます。



※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧

trackbackurlトラックバックURL

http://itukakitto.s297.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/172

trackbackトラックバック

» 「リビングフォト」体験講座 (水島晃一) from ふぉとログ
 去る6月6日、神楽坂Maison de la Bourgogneにて、ブログモ... [Read More]

commentコメント

オシャレなお店でしたよね〜〜サハラさんの
ファインダーをのぞく真剣なお姿に触発されて
何度も同じ角度から挑戦してました(〃∇〃)
Macで見てみた写真、自分で撮ったとは思えない
ボケ感にウットリでした!さすが借り物のレンズ(笑)

■ ぷぅさん

> サハラさんのファインダーをのぞく真剣なお姿

いつも気ままに撮っていること多いため、
あのようなお洒落な場にドギマギしておりまして(笑)、
なんだかピントが合わないなーと焦りまくってファインダーをのぞいていた…、
というのは、ここだけの話しにしてくださいw

> 自分で撮ったとは思えないボケ感にウットリでした!

ふっふふ、単焦点レンズ買いましょう!
ほら、ボーナス時期ですし(ご主人をツンツンしてさ 笑)

突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!

commentwriteコメントする