" /> 電源をオフにしてくださいな。: いつかきっとドットコム

電源をオフにしてくださいな。: いつかきっとドットコム

電源をオフにしてくださいな。

2009年05月29日 Comment(0) Trackback(0)

090528-4.jpg

先日、とある所用がありまして、
空気がきれいで妖精が住んでいてもおかしくないねー、な森を訪ねました。

こちらのエリアのシンボルとも言える、
大正池でもなく河童橋でもない写真を載せているにはワケあります。
えぇ、うまく撮れなかったのです…orz
ま、撮影に行ったわけじゃないからいいんです。( とは100%の負け惜しみ )


090528-1.jpg

どこに行ってもやることが変わらない私。
高原で飲むビールはサイコー☆
ご一緒した方が飲んでいたワインもおいしそうでした。

体の隅々まで浄化されるようなすがすがしい空気を吸いながら、
2時間近くも歩いたり、おいしいものを飲んだり食べたり、
「いやー、いい1日でした!」と下界に降りてきたところ・・・。
あ゛ー、まったくもぉー、なデキゴトと遭遇。

それは、ラッシュ時間にぶつかった私鉄の中のこと。
人ひとヒトで身動きもできないぎゅうぎゅうぶり。

押され押されて優先席のまん前に出た途端、
前の座席に座っていた人が降りて私が座るはめに。

で。
優先席に座った私に覆いかぶさるように立っている人たちのほとんどが、
携帯電話でメールもしくはゲームかなにかをしているのでした。
その日は雨だったので、「●●分発に乗った、駅までお迎えよろしく」とか、
「なにかスーパーで買っていくモノある?」とか、
家族や恋人へ連絡していたのかもしれないけれど(私もよくします)…。


090529-1.jpg

だけどここは、↑こういう↑ゾーンなのですから・・・。
電源を切らないまでも、マナーモードにするとか、
メールも極力控えるとか、通話はもちろんダメでしょ。

おもむろに一眼レフを取り出して、こんな写真を撮る私も私だけど。
けっこうなシャッター音がしたはずなのに、誰にも届かず状況に変わりなし。
私の隣りの隣りの人は、降りるまでずっと携帯電話で話していたし…。

私が携帯電話をあまり使わないから余計にそう思うのかどうなのか、
その光景はとても不気味で、
かといって注意もできない自分を腹立たしくも思ったり。

体内に充満していたきれいな空気がプシュ~と抜けていったのでした。
まったくなぁ、なんだかなぁ。



※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧

trackbackurlトラックバックURL

http://itukakitto.s297.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/363

commentwriteコメントする