" /> サンドバッグ砂利詰めボランティア @ 南三陸町 その1: いつかきっとドットコム

サンドバッグ砂利詰めボランティア @ 南三陸町 その1: いつかきっとドットコム

サンドバッグ砂利詰めボランティア @ 南三陸町 その1

2012年10月03日

20121002-blog1.JPG

9月21日(金)~23日(日)の2泊3日間(車中1泊)、
東京発の砂利詰めツアーに参加して
宮城県の南三陸町に行ってきました。

車中泊のあとに到着したのは
セブンイレブン志津川天王前仮設店舗」でした。

私はどこでも寝られるたちで
この夜も23時にバスが新宿駅を出発し、
隣席になったNさんに自己紹介したり
ツアーリーダーから諸々の説明ののち
消灯になったとたんバタンキューでした。

トイレ休憩が3回あったようですが
1回のみ起きてあとの2回は
バスが止まったことすら記憶なし(笑)。
エコノミー症候群予防のためにも
バスを降りてストレッチした方がいいと
分かっていても、とにかく寝続ける私。


で。

「少し早目についたのでここで朝食にしまーす。セブンイレブンでも買えますし、まわりを歩いてもいいですよ」

とのアナウンスで目を覚まし、
寝ぼけ眼で見た窓からの景色は私にとって、
瞬時には理解できるものではありませんでした。


ここはセブンイレブンの駐車場。
それはわかりました。

が。

朝食代わりのりんごをかじりながら
店舗の裏を歩いていたら「仮設」の文字が。
なんで仮設なんだろう。
まさか。

隣接する空き地には
杉の木が山のように積まれていました。
いったいこれはなんなんだろう。
瓦礫じゃないよね。
まさか。

ここから海は見えないし。
それにもう、あの日から
1年半以上も経ったんだし。
まさか。


けれど、それらは瓦礫なのでした。
空き地だと思ったそこには
建物の基礎部分が残り夏草が茂っていました。


そして、こちらのセブンイレブンは、
日本一小さなセブンイレブンとして、
かつてニュースの中で見たことのある
セブンイレブンの仮設店舗なのでした。




20121002-blog2.JPG

今回、南三陸町へ持っていったカメラは
LUMIX GX1に20mm単焦点レンズ1本のみでした。

ズームレンズが故障してることもありましたし。
砂利詰め作業がメインということで、
作業中にはあまり写真は撮れないだろうし。
荷物を少なくしたかったし。

もともと単焦点レンズが好きなこともあって、
撮りたい対象物には
自分から近づいて撮ろうと思ったし。
遠いものはズームで撮らなくても
自分の目で見るだけでいいんじゃないか、
そんなキモチがありました。


帰ってきてから写真の整理をしてみたら
瓦礫の写真が1枚もありませんでした。

被災地に行ったなら、
発信力の多寡にかかわらず、
見たこと聞いたことを伝えることも、
行った者の役割のひとつだと思ってたのに
ダメじゃん自分。




20120922-7.JPG

田束山に登りました。




20121002-blog4.JPG

眼下には美しい海岸線。

でも、入り組んでいればいるほど
大きな津波が来たのではなかろうか。




20120922-6.JPG

あの日に見た実家の惨状を思い出し
つい、うつむいてしまいます・・・。




20120922-12.JPG

この時点で他の参加者の方々は、
私には殆どが「知らない人たち」でしたが
ツアーを終えて帰る頃には、
「仲間」に変身するのでした。




cho_san12.jpg

9時ちょうど。
この日、砂利詰め作業をする清水浜到着。




cho_san11.jpg

島津さんから南三陸町の現状について
いろいろお話しうかがいました。




cho_san1.jpg

漁師の「長さん」から
砂利詰めの要領を教わります。

まずは、7~8分目まで砂利を入れて
とんとんする。




cho_san2.jpg

とんとんしたら嵩が減るから
もう少し砂利を入れてロープを締める。




cho_san3.jpg

漁師結びの方がいいんだけども、
難しいから片結びでもいいぞ。
って。




cho_san4.jpg

わかめの種付け~収穫までのレクチャーも。




cho_san100.jpg

ということで、砂利詰めスタート!!!
(adidasのTシャツが私です^^)




cho_san5.jpg

詰める詰める詰める。
詰める詰める詰める詰める詰める。




cho_san6.jpg

ランチ休憩をはさみ、
約4時間の作業で砂利を詰めた
サンドバッグの数は・・・。




cho_san7.jpg

じゃーん、約3,000個です!!!




cho_san10.jpg

小高かった砂利山が
こんなに低くなりました。


+++


作業中、参加者の誰もが笑顔でした。
自然発生的に砂利を詰める人、
ロープを締める人、
詰め終わったサンドバッグを運ぶ人、
積み上げる人、と流れ作業ができあがり
チームで作業をしている一体感がありました。

私は一人参加だったのですが、
ポツーンとすることもなく、
まわりのみなさんと和気あいあいと
砂利詰め作業に勤しむことができました。


朝一番で見た瓦礫の山に
胸が詰まる思いが続いていましたが、
砂利詰め作業をすることで、
微力ながらも漁師さんのお手伝いになってること、
作業中、他の参加者といろいろな話をすることで
曇りがちだったキモチが少しずつ晴れ出しました。




20120922-23.JPG

「明日も晴れるといいなぁ」

翌日の天気が気になるのは、
サンドバッグを他の浜の漁師さんに
お届けする予定になっているからです。

その気になるお天気はどうだったのか・・・。
「その2」に続きます。


【お知らせ】
拙ショップマザーズタッチでは昨年の5月以来、全国のみなさんからご協力・ご支援いただき、「継いで、繋ないで、接なげていく。プロジェクト」を行っています。

このプロジェクトに集まった応援金を使わせていただき、今回の南三陸町で「現地にてお金を落とす」大作戦をワタクシ自ら遂行してきました。使った先は「わかめ」です。わかめ漁師さんから直接「わかめ」を60袋買ってきました。


20120926_wakame.jpg

南三陸町の漁師さんへ応援メッセージを書いてワカメをもらおう♪プレゼント企画を実施中です。締切は今週金曜日10月5日です。マザーズタッチでお買い物をしたことないのになぁ、などの遠慮はどうぞなさらずに。おいしいワカメを食べて、その感想をツイッターやフェイスブック、ブログなどに書くことも、漁師さんの応援につながることと思います。一人でも多くの応援メッセージをお寄せいただけましたら幸いです。

「継いプロ」ありがとうプレゼント企画のお知らせ♪
どうぞよろしくお願いします。

終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。



※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧