" /> 父のこと。: いつかきっとドットコム

父のこと。: いつかきっとドットコム

父のこと。

2014年03月25日

父の死から25日。
なんでだろう、「悲しい」キモチがない。
最期のその時も一緒にいて
ちゃんと見送れたと思うのだけど、
なんでだろう、現実感がない。




父の死を受け入れたくない、とか、
悲しすぎて感情が麻痺している、とか、
そういうのとはまた違った感じ。




うまく言語化できないでいる。




たくさん泣いた方がいいよ。

そんな風に言われることも多く、
そうだろな、涙は心の汗だもんね。
汗かくとスッキリするものね。

そう思うのだけど、なんでかなぁ、
父がいなくなってから泣いてない。




主治医から「あとひと月くらい」と言われた
去年の12月中旬からしばらくは、
気が付くと泣いている、そんな日々だった。

寝ていても泣いていて、
泣きながら目が覚める
そんな朝が続いてた。

父はまだ生きているのに。
いまからこんな大きな喪失感に包まれて
私だいじょうぶかな、そんな日々だった。




まだ時期が早かったのか、
タンポポの数が足りなくて
ちょっと寂しいタンポポシャンデリア

少ないなぁ、って見上げていたら、
「庭にちょうどいいのが幾つかあったよ」
って、夫が。




犬散歩で摘むだけでは足りなかったけど、
夫が庭で見つけてくれたおかげで
ちょっと賑やかになったタンポポシャンデリア。

夕方の犬散歩から戻る時、
遠くに見える自分ちの煙突から
煙が出ているような
そんな温かい感じだった。
私の好きを気にかけてくれて、ありがと。

大きく空いたポッカリ感は
これからゆっくりのんびり埋めてこう。

そして。
最後にすごした父との時間を
文章化して残しておこうと思う。
自分のために、
残った家族のために。








※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧