" /> 日本でやっていく気があるなら日本語を学びなさい。: いつかきっとドットコム

日本でやっていく気があるなら日本語を学びなさい。: いつかきっとドットコム

日本でやっていく気があるなら日本語を学びなさい。

2008年07月09日 Comment(3) Trackback(0)

写真はイメージです。本文とは関係ありません。

先月半ばのこと。
ぐるなびシェフ BEST OF MENU2008 のチケットをいただくという幸運に恵まれ、
いつもはTVの中でしかお会いできない著名な方たちがズラリ審査員として並ぶステージまで、ほんの2~3mという最前列でその模様を拝見してきました。

応募総数1,468の中から厳しい審査を経て最終選考まで残った10作品。
それぞれの作品を作ったシェフが自分の作品を説明をしたあと、
ステージ上で審査員が試食をし、
シェフは審査員から講評や質問を受ける形式の最終審査を目の当たりにし、
自分記録の意味も込めて、印象に残ったコトガラを2~3記しておきます。

【印象的だったコトガラ、その1.】
どの審査員も語彙が豊富だということ。
食のプロである彼らが、食に対する語彙が豊富なのはあたり前なのかもしれませんが、微細なニュアンスまで伝わる語彙の豊かさは、すごかった!

【印象的だったコトガラ、その2.】
審査員の中に、常日頃「この人はすごいなー」と思ってる方がいらしたのですが、この方の温かい講評にじ~んとしました。中には厳しい評価の言葉を発する審査員もいらしたのですが、この方は「とにかくここまでよくたどり着いたな、よくがんばったな」といった感じの温かい言葉で、「褒めて育てる」感がありました。

【印象的だったコトガラ、その3.】
最終審査に残った中に中国人の方がいました。
日本語があまり達者ではないらしく、自分の作品の説明と、それに伴う審査員からの質問を通訳を介して行なわれたのですが、残念ながら他の参加者の試食・審査に比べ、通訳を介する分だけモタついてしまいました。

どの審査員が講評・質問するのかは司会者の采配だったのですが、そのシェフに対しひとりの審査員が講評した後に指名されたのが中華の陳健一さんでした。

陳さんは微笑みながら中国人の参加者に直接中国語で話しかけました。
(会場内にはどよめきが起こり、その会話を見守りました)
しばらく中国語のやり取りが続いた後、
陳さんはいつもの笑顔でこう言ったのでした。

これからも日本でやっていく気があるならね、
日本語を学びなさい。

陳さん曰く。
彼はね、来日してから4年も経つらしいんだけどね、住んでるのが横浜中華街なんだって。ってことは、日本語が話せなくてもオッケーな環境にいるってことなんだよ。でもさー、せっかく日本に来たんだし、これからも日本でやっていこうと思っているなら、日本語が話せるようになった方がイイヨ。その方があなたにも、お客さんのためにイイヨ。って、彼に言ったんだよ~。(会場に向かって)みなさんもそう思うでしょ?

自分が生きていこうとする日本の言葉を覚え、
自分が作った料理のアピールを日本語でせよ。

厳しいけど愛のあるアドバイスでした。

> お取り寄せはぐるなび食市場で!

+ + +

私が英語を話したいと思うのは、海外旅行でショッピングやレストランでのオーダーをスラスラといきたいから…、なワケじゃなく、英語を話すフランス人とチュニジア人の友人と親しく会話しをしたいからです。その思いが、お正月からこちらスピードラーニングを続けさせています。

おととい、タンザニアに赴任したAbdからメールが来て、
「こっちはいいよ~、いつ来るの?」って。
Abdよ、そんな簡単にタンザニアには行けないんだよー。
ってなことを、そろそろSkypで話せるかなー、な感じまできたかも?



継続は力なり!

さて、ロックユアボディ(DVD)icon もやりますよ!

【今日のいつかきっと】
シェイプアップもさることながら、
タンザニアは行くとしたら、タンザニアって遠いんでしょ?
長いフライトに備えて体力つけなきゃ。
そうね、きっとタンザニアに行くのだから(^^)



※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧

trackbackurlトラックバックURL

http://itukakitto.s297.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/199

commentコメント

ソノ人は村田先生ね(^_-)-☆
「こたちょ」の番組でお弁当を見ていただきました~
名前のところにmy記事URL入れておくわね。

それにしても
とても貴重な体験をされましたね!

■ 霞んさん こんにちは。

そう、村田先生です。大好きなの♪
わぉ!霞んさんの村田先生、すごいーーー、今にも京都弁を話し出しそう(笑)。

ほんと、とっても貴重な体験でした。
試食するのは作品の一部なんだけど、作品全体が披露される時の食い付くような目はすごいなーと思った。それは村田先生だけじゃなくて審査員全員がそうだったんだけど。プロってすごいね。

ps.「ステキ」投稿への温かいコメントありがとうございました。
あのコメント自体がステキなストーリーになってて感激でした。ペコリ

thanks iamuglow, i hope you’re right. i do enjoy the free exchange of ideas. and hope that we can extend that spirit in other ways

commentwriteコメントする