" /> 川の家にて駅伝大会とどんど焼きに参加!: いつかきっとドットコム

川の家にて駅伝大会とどんど焼きに参加!: いつかきっとドットコム

川の家にて駅伝大会とどんど焼きに参加!

2009年01月13日 Comment(4) Trackback(0)

駅伝大会に参加!
といっても、沿道での応援参加です(笑)。

「川の家」のお隣さんであるCちゃんは、
新参者である私たちをなにかにつけお世話してくれるありがたい存在です。
11日、庭で犬と遊んでいたら昼前から駅伝大会があることを教えてくれました。
なんと「川の家」の前が駅伝コースとのこと。

地区ごとに編成された30チームほどが参加する、
今年で54回目という歴史ある大会なんだとか。
わが「川の家」があるのはH野地区ということで、
近所の皆さんと沿道に立って応援したのでした。

おぉー、白バイの先導付きという本格的駅伝大会です!!!


ガンバレー。
ラスト、ラストー(川の家のすぐ先が中継地点でした)。

お、2番目を走るのはかつて箱根駅伝を走り、
オリンピック候補選手にもなったF田選手ではありませんか!
招待選手とのことで往路も復路も走っていました。

わがH野地区は3番目でした。
地区の選手が見えた時はひときわ大きな声援が上がりました。
私も「行けー、抜けるぞー」と大声で応援!声がでかいと笑われました(笑)。




そして翌12日の昼過ぎ。
またしてもお隣のCちゃんが「どんど焼きに行こう」と誘ってくれました。
ちなみに、Cちゃんと呼んでいますが60歳を過ぎた妙齢のご婦人です(笑)。


ほんとは多分、松の内が終る15日にやる行事なのだと思いますが、
15日は平日ということで、この日に実施したんじゃないかな。
平日では子供たちも学校だし、人が集まらないですものね。

注連縄、お飾り、門松などを燃やした火で焼いたお団子を食べれば、
1年を健康に過ごせるという日本古来の風習です。
このお団子もCちゃんが作ってきたのを、夫と私の分を分けてくれました。

焦がしてしまいゲゲゲの鬼太郎の目玉親父みたいになっちゃいましたが、
これまたCちゃんが持参していた甘いお醤油ダレにつけていただきました。

アチアチッ、ハフハフフーッ。
おいしいー。

これで今年一年健康に過ごせそうです。
Cちゃん、なにからなにまでお世話になりました&ありがとうございます♪

「川の家」の住人になってまだ半年も経ってないのに、
しかも週末のみというのに、本家より濃密なご近所付き合いが嬉しいです。



※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧

trackbackurlトラックバックURL

http://itukakitto.s297.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/314

commentコメント

素敵に田舎暮らしを満喫してますね〜
やっぱり田舎の魅力はご近所付き合い、ですよね〜
こっちでもどんど焼きやりましたが
お餅がこげない様にアルミホイルをまきます。
食紅で色とりどりのだんごをみんなで作るのも、楽しみの1つです。
子供達はだんごでさいころやお星様、サッカーボールなど、色々作ってました〜!
子供は発想が豊かですね〜

お団子がかわいい♪

熊本は、「どんどや」と言います。
そして、お餅を焼きます。
あっ、かっぽ酒もいただきます。

■ りんさん こんにちは。

> やっぱり田舎の魅力はご近所付き合い、ですよね〜

還暦夫と今年50になる私たち夫婦ですが、
それでもこのエリアでは若者なんです(笑)。
そんなこともあり、新参者の我が家をみんなが優しくしてくれます。
ありがたいことです♪

来年は私も色とりどりのお団子を持参して行こうかな~(笑)。

■ 夢子さん こんにちは。

「どんどや」って言うんだー。
ところ変われば言葉も変わるねー。

「かっぽ酒」ってなんだろとググってみたら…。
> 青竹の筒に酒を入れ、囲炉裏やたき火で燗をつけたもの。
> 酒を注ぐときにカッポカッポと音がすることからそう呼ばれるようになった。

寒風吹きすさぶ中で、「かっぽ酒」を飲みたーい(笑)。

commentwriteコメントする