" /> 薪ストーブで薪をジャンジャカ燃やす会 決行!: いつかきっとドットコム

薪ストーブで薪をジャンジャカ燃やす会 決行!: いつかきっとドットコム

薪ストーブで薪をジャンジャカ燃やす会 決行!

2009年03月10日 Comment(0) Trackback(0)

子供の頃、父のおかずはいつも一品多かったし。
高校生の頃、憧れていたテニス部のOBは熱血漢だったし。
OL時代、かわいがってくれたお局様はいつも颯爽と銀座の寿司屋でご馳走してくれたり、と。私のまわりには、いつもかっこいい大人がいて、私はいつも早く大人になりたいと思ってた。

今年の5月末に50歳になるというのに、いやほんとにその年齢だけを見たら自分でもビックリだし(半世紀ですよー)、先日電話で話した母も「えー、あなたが50だなんて!」と絶句してたけど、そんな現実とは裏腹に今でも私は「大人になったら…」なんて日々思ったりしているんだな、これが(笑)。

10代も20代も30代いろんなことがあったけど、私の記憶装置は便利にできていて楽しい思い出しかメモリに残っていない。そして今、残り少なくなった40代も現在進行形でいろんなことが起きていて、うーん目をつぷりたいこともままあるけれど、若い頃に戻りたいとは全然思わず、さーっ先に進もうモードたっぷりで先々の自分にしか興味がない自分がいる。

それはきっと、自分が思い望む「かっこいい大人」になっていないから。
今日より明日、明日よりあさってへ。
その先にいる「かっこいい大人」になっている自分に、いつかきっと会うために。


なんでそんなこと、あらためて思ったかというと、
週末、いい大人が集まってワイワイガヤガヤ薪割したり、
キャンプファイヤして火を見て過ごしたから、かも(笑)。

傍から見たら、いい大人が集まってなにしてんのー的な集まりだったけど、
本人達は真剣に薪割したり、
自分で割った薪をストーブにくべてワーワー言ってたかと思うと、
燃え盛るキャンプファイヤの火に一同寡黙になったりと、いい時間だった。



で、これは夫作の長皿なのですが。
この記事の3枚目の写真が、こんな感じになりました。
元々はオーナーズカスクの側板だったもの。
長い長い時間をかけて樽になり、ウイスキーを熟成させるその役目を終えて、我が家にやって来た側板。それをゴシゴシ磨いて長皿にした夫はほんとに偉い!!!!!


夫作の長皿 on 夫作の料理。
こちらはぷれこさんから送られてきた黄金シャモを鳥ワサに。


こちらは、自家製牡蠣の燻製オリーブオイル漬け。
他にもいっぱい盛られていたけど、ビール飲むのに忙しくて撮ってない模様(笑)。

おいしい料理とおいしいお酒を交わしつつ、
もう十分いい大人なんだから、いっぱい遊ばなきゃっ!ということで全員一致。
この長皿と私の失敗リメイク椅子、そして薪割りから木工部が結成!!! 


サンダーで磨いてヌード状態にした椅子を「赤い椅子」にする計画だったのですが大失敗…。その理由は次回に続くかも…(笑)。

【昨日のお客様♪】
ぷれこさん
まろにゃんさんご夫婦
natsuさんご夫婦
coccoさん
みなさま、遠路ありがとうございました。
次回、木工部の部活動にてお会いしましょー。
あ、茶道部も創設したんだっけ?(笑)。


※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧

trackbackurlトラックバックURL

http://itukakitto.s297.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/337

commentwriteコメントする

・スパムコメントが多いため、コメント表示を承認制にしています。
・コメントが表示されるまで、しばらくお待ちください。