" /> 今年の夏は暑かった(父の新盆じゃんがら念仏踊りなど)。: いつかきっとドットコム

今年の夏は暑かった(父の新盆じゃんがら念仏踊りなど)。: いつかきっとドットコム

今年の夏は暑かった(父の新盆じゃんがら念仏踊りなど)。

2014年08月26日

おかあさん、あそこに見えるの秋じゃない?
夏バテだとか夏負けだとか言ってるうちに
今年の夏が終わっちゃうよ。

ほんとにねぇ。
今年の夏はなんだかあれこれあって
体調が崩れがちでまいっちゃったわね。
たくさんのイベントのお誘いも
ほとんど行けずに残念だったけど。

けど?

まぁ、いろんなことが起こる中で
おじいちゃんの新盆を
無事に終えることができて
ほっとした。

新盆?

うん。
故人が亡くなってから四十九日を過ぎて
初めて迎えるお盆のことをいうのよ。
お盆にはね、亡くなった人が
年に一度帰ってくるって言われているの。

特に新盆は故人が亡くなってから
初めてのお盆ということで
地方によっていろんな供養の行事を行うのよ。




おじいちゃんの新盆供養には
「じゃんがら」に来てもらったのよ。




じゃんがら?




うん。
正式には「じゃんがら念仏踊り」って言うの。

じゃんがらはね、
福島県いわき市を中心に伝承する郷土芸能でね、
鉦、太鼓を打ち鳴らしながら
新盆を迎えた家などを供養して回る踊念仏なのよ。



いわき市内ではね、
「じゃんがら」って呼ばれ親しまれているの。
主に毎年8月13日から15日までの3日間行われてね、
いわきの夏の風物詩として知られているのよ。
いわき市の無形民俗文化財にも指定されているの。


おじいちゃんはいわきの生まれだから、
地域の保存会の人たちに来てもらったのよ。




まずは、
おじいちゃんのホームグランドだった
ホテル前で踊ってもらったの。
お泊りのお客さんたちにも見てもらえて
おじいちゃんも喜んでるような気がしたわ。




だんだん鉦や太鼓の音が大きくなっていくのだけど。
この時になんだか、
おじいちゃんが近くにいる気がして
ぐっときちゃった・・・。




「みんなよくやってるなぁ」

って、新盆を迎えるまでの
お姉さんたちのがんばりとか
おばあちゃんの元気ぶりを
よくやってるなぁ、
って言ってるよな気がして
泣けてきちゃった。
グスッ。




それからね。
おじいちゃんちの庭でも踊ってもらったのよ。
あぁ、実々も知ってるわよね。
リビングの隅で丸まっちゃってたものね。
鉦と太鼓の音が大きくて怖かったよね。
実々にはたいへんな思いをさせちゃったけど・・・。

けど?

あの日、じゃんがらを見ているうちに
おじいちゃんが亡くなったことを
胸の奥の大切な場所にしまえたような気がするの。
おかあさんね、やっとその場所を見つけたの。
あの日までは、まだ、そのことを
受け入れられなかったから。




だから、こちらに帰ってきたら、
少しづつ元気になってきて
朝夕のお散歩の距離も長くなったでしょ?

うん、そうだね。

ね、またいっぱい空を見あげよう。
あの空にはおじいちゃんがいるんだよ。
実々にも「ちゃんとごはん食えよ」って言ってるよ(笑)。

というのも、実家で過ごした1週間は
来客が多かったこともあり、
実々にとってはドキドキし通しで
そんな中で食べていたいつものカリカリを
戻って来てから食べなくなってしまったのでした。

いつものカリカリが「あの日々のドキドキ」を
思い出してしまうようで・・・。
違うブランドのものに替えたら
食欲が戻りました。ほっ。


私が撮った「じゃんがら」の動画はアプリの関係上
音楽がぜんぜん違うため雰囲気が違っちゃってます。

ということで。
ほんものは↓こちら↓からどうぞ
★じゃんがら念仏踊りの動画★
(こちらからたくさん観ることができます)





※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧