" /> 【終の棲家の改修工事】闇夜の楽しみ。: いつかきっとドットコム

【終の棲家の改修工事】闇夜の楽しみ。: いつかきっとドットコム

【終の棲家の改修工事】闇夜の楽しみ。

2010年05月25日 Comment(8)

20100523-3.jpg

この写真は先週金曜日(5/21)の夜のもの。

完成した星空デッキで、
泊り込みで作業してもらっている大工さんと、
夫と私の3人で空豆とビールを楽しんだときのもの。


当初、星空デッキの床には
船舶照明をつける予定だったのだけど、
実際にデッキができて夜を過ごしてみると、
思ったよりも明るかった。

というのも。
既存の軒下にはダウンライトが3つ付いていて、
それを点けるとその灯りがデッキに反射して、
思ったよりもデッキが暗くないことが分かった次第。


星空デッキの名のとおり、このデッキでは
星とか月とか、そして漆黒の闇を楽しみたい。

かすかに聞こえてくる潮騒とか、
いまならカエルの大合唱とか。
そんな自然の音と共に闇夜に浸りたい。


さらには、暑くもなく寒くもない季節には、
朝食もランチもここでとるだろうから、
いつもピクニック気分に浸るのもいいな、とか(笑)。



20100523-4.jpg

ということで。
予定していた船舶照明は付けないことに。

何度も変更してごめんなさい、工務店さん
ここにも書いたけれど、
いい設計者、工務店というのは、この1点に尽きる。

施主の話をよく聞いてくれること。
なぜその設備なのか、
提案内容(プラン)の説明を詳しくしてくれること。

今回、設計者も工務店も粘り強く私たちの話を聞いてくれ、
それ相応のプランを提案してくれている。

「それ相応」とひと言でいうと簡単だけど、実に難しい。
色や形、質感はもちろんのこと、デザインの好みや、
なにより施主側の予算に見合った価格は重要ポイントだし、
実用性や耐用性など、それら全てを含む「それ相応」って
いやはやほんとに大変なこと。

私の無知さから派生する無茶なリクエストに、
「それ相応」に応えてくれる設計者と工務店のみなさんには
心から感謝!工期も残り少なくなりましたが、
ひき続くよろしくお願いします!!!


今夜も星空デッキの上には星が流れるのかな。
漆黒の闇夜を見上げることが日常になるまで、
あと少し、もう少し。


星空デッキのある家が通う場所じゃなく、
私たちの帰る場所になるまで、もうすぐもうすぐ。






※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧

commentコメント

星空デッキ、本当に楽しみ!!
そこで星空を眺めながら飲むお酒はおいしいんだろうな^^

こんなところで娘に七夕の物語なんかを語ったら素敵~~なんて妄想してしまいました。

壁塗りも終了ですか? お手伝いできず、すみません。&残念ですっ。

■ はねちゃん おはよう♪

「夢みたいだなぁ~」って、
ビールを飲みながら大工さんが何度も言ってました^^
海好き・サーファーなので、
ここの立地が大のお気に入りなのだそうです。
もちろん、私たちも大のお気に入りです。

七夕の物語!
ちびはねちゃんと一緒にぜひぜひ遊びに来てください♪

■ ぷれこさん おはよう♪

壁塗りとタイル貼り、まだ残っています。
今週末にまたやりますよー。
お手伝いに来てもらいたいものの、
まだまだ工事現場な状況なので、
落ち着いてから遊びに来てもらう方がいいかも。
もちろん、新しいレンズ共々ね^^

は〜素敵♡
ココで星空を眺めながら酒♡スナップ♡
ぜひぜひご招待くださいね♪
もちろん、あのフォトグラファーさんと・・
あの愉快な仲間達も・・・
うひひ♪

■ えこさん おはよう♪

その家は丘の上に建っていて、
坂をグル~っとまわって上がっていくの。
玄関が2階にあって階段を降りた1階からは庭に出入りできて。
リビングから遠く富士山が見える家。


というのが、私が抱いていた終の棲家のイメージでした^^
残念ながらリビングから富士山は見えないけど、
星空デッキの先っちょから背伸びをすると、
遠くに小さいながらも富士山が見えるのです。
空気の澄んだ晴れた日限定だけどね(笑)。

とまぁ、イメージすることは大切なんでありんす♪
フォトグラファーさんはじめ、SMPCメンバーで
星空撮影会をぜひともやりましょね。

テステステスト。
コメント欄に不具合が続いている模様・・・。

テストでコメント欄にコメントすると
エラーが出ずにうまくいく・・・。
はて、これ如何に?

commentwriteコメントする