" /> 【終の棲家の改修工事】泣いてばかりもいられない。: いつかきっとドットコム

【終の棲家の改修工事】泣いてばかりもいられない。: いつかきっとドットコム

【終の棲家の改修工事】泣いてばかりもいられない。

2010年06月08日 Comment(3)

20100608-1.jpg

星空デッキの惨状を見てショボーンとしてしまった私。

前オーナーとの話し合いののち、
いつの間にか買い物に出かけていた夫が、
「まずはメシ、どんな時にもおいしいメシ!!!」
「いいアジとサバがあったぞー^^」
と、満面の笑顔で帰ってきた。

「刺身もいいけどね、今日はペンキ塗りで忙しいから。」
「パッパッとさばいて、お日さまに仕事してもらおう。」

なんて言いながら、アジとサバの開きを作りはじめた。

「こんな気分じゃ、ごはんなんて食べる気しないよ・・・。」
と、ブルーな気分を引きずって拗ねっ子モードな私。



20100608-2.jpg

・・・・・・、・・・・・・。
だったんだけど。
一時間後、こんな感じのサバの反りっぷりを見ていたら、
ブルーな気分が少し薄れてきたワケで。
(↑単にお腹が空いただけ、空腹に勝てないタイプ)

ホワホワのアジの開きとサバの開きを食べて、
少しは気持ちが収まっていたはずなんだけど、
今朝、コメントにお返事をしていたら、また泣けてきた。

ふぇーん、と。
子供みたいに、ふぇーんと声を出して
ポロポロ泣いてる自分にびっくり。
こうして書いてて、また涙が出てきてしまう。

そんな折りも折り。
星空デッキのことを心配してくれてた友人からメールが。

「すべては上手くいっている」
はい、3回ご唱和ください♪

って。

「すべては上手くいっている」
「すべては上手くいっている」
「すべては上手くいっている」

なるほど、いいかも。
とにかく、笑おう。(ほうれい線が出ずらくなるらしい)
いますぐ、上を向こう。(首のシワも出にくくなるらしい)



20100608-3.jpg

泣いてばかりもいられない。
ペンキ塗ったり、照明決めたり。
まだまだやることいっぱいあるんだし。
その向こうには、館山での楽しい毎日があるんだし。
よし、がんばる!!!


+++


星空デッキの修繕については、
作ってくれた大工さんにやっていただくこととなりました。
表面を薄く削らねばならないけど、それでよしとせねば。

ここでいろいろ揉めたり引越しがまたまた延びてしまうより、
これから積み重ねる時間の方が大切。
だから、前へ、です。

ご心配おかけしました。
コメントやメールでのアドバイスや励まし、
ほんとうにありがとうございました。心強かったです♪




※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧

commentコメント

そうそう。いつまでも泣いてたらサハラさんらしくないわ。
前向きに、いつも上を向いてるのがサハラさん。
アジとサバで元気になるのがサハラさん。
おきしそうだわぁ。さっき食べたところなのにお腹すいてきた(笑)

■ ぷれこさん 昨日は楽しかったね^^

> アジとサバで元気になるのがサハラさん。

ぶははははーっ(大爆笑)!!!
できるならヒラメとラムチョップ(←大好物)がよかったけど、さ。
ま、青魚はお肌にもいいしアンチエイジング的にもよしかな、と。

このタイミングで昨夜の女7人 de ビアガーデン!!!
ほんと元気がチャージできました。
みんなに感謝!ありがとうです♪
それにしても、あのかしましさったらなかったね。
ビアガーデン以外だったら「お客様ちょっとお静かに」と、
肩を叩かれていたかもね~ww

■ 自分メモ

私が今回のことで納得いかないのは、先方の対応に誠意を感じないからなんだと思う。あきらかに自分に非がある場合「まずはお詫び」なんじゃないかと思うのだけど、お詫びどころか対応がいちいち遅い・・・。今後のこともあるし、時系列でまとめておこう。

6/2(水) 屋根トップライト工事
・・・「養生する旨」の依頼を「プロですから」と養生せずに工事。

6/3(木) 黒いシミ出現
・・・飛散した鉄粉が一晩夜露を浴びたことが原因

6/4(金) 早朝、現場に飛んでいく
・・・悲惨な状態のデッキにショック!
・・・7:30am元オーナーに連絡するも「まいったなぁ」を連発し現場に来たのは16:00過ぎ。シミの原因がずさんな工事によるものだと認めるも、その後の対処(掃除)や謝罪はなし。
・・・修繕は星空デッキを作った大工さんが行ない、費用は元オーナーが持つことで双方了解する。

6/5(土) 前日よりもシミのエリアが拡大する。
・・・元オーナーに情況をメール(記録を残すためにも連絡は基本メールで行なっている)するも何の連絡なし。

6/6(日) 修繕方法を大工さんと確認。
・・・サンダーでシミ表面を削ることにする。

6/7(月) 工務店に修繕にかかる見積りの依頼
・・・入梅前にスケジュールを組むことが難しいかも。

6/8(火) いまだ屋根から鉄粉が飛散してくるため、シミが拡大していると現場から連絡が入る。

元オーナーに屋根の掃除を電話(14:00)で依頼。

「明日(6/9)の10時に掃除機で除去します」と返答(14:42)

すぐに飛んで来いーーーっ!!!と言いたいものの、ぐっとこらえる。そして今日の雨、掃除機かけられるのか?雨樋にたまってた鉄粉は錆を呼ばないのか???またまた不安や疑問が・・・。

対応が遅い。誠意が感じられない・・・。
連絡するたび怒りが込み上げてくる。
むむむむむむーっっっっ!!!

【6/10 追記】
昨日(6/9)、鉄粉の除去作業を行なわれた。
・・・掃除機、水洗い。1週間前(6/2)の工事日に養生さえしておけば、こんな手間も時間もかからずに済んだのに。

工務店から修繕にかかる見積りが上がってくると共に、専門的意見が伝えられる。曰く、「更なるサンダーがけ(シミ除去のため)は、木には良くない。一度舞ってしまった鉄粉の除去はきりがない」とのこと。

★まったくほんとに、「工事当日、養生をしなかったこと」「工事後に掃除をしなかったこと」が返す返すも悔やまれる。

★星空デッキを一から作り直すのは現実的な話ではないし、木のことを考えてサンダーによる修復をあきらめるとなると、このまま何もしないことになる。つまりは泣き寝入りってこと?それはなんだか、納得いかないなぁ。

★今さらながら、あの日(6/8)に元オーナーが飛んできて誠意ある謝罪をしてくれてたなら、私の気持ちも少しは違っていたに違いない。トラブルが起きた時、初動をどうするか。このことは、教訓として今後の自分に活かさねば、自戒を込めて・・・。それにしても、うーん。今後について、やっぱり第三者の専門家に相談した方がいいのかな・・・。

【6/12 追記】
試験的にサンダーをかけてみたところシミはとれた。また漂白剤(アクネ)で拭いたところシミはとれた。いずれも、工務店が知恵を出して試験してくれたもの。

ただ、どちらの工法も「木」を痛めてしまうとのこと。最善の修繕法はシミがついた木を外し新しい木材に取り替えること。

上記内容を元オーナーに記録を残すためにメールで知らせる。双方で協議の上、早々に結論を出したい。

commentwriteコメントする