" /> あれから何年の月日が…。: いつかきっとドットコム

あれから何年の月日が…。: いつかきっとドットコム

あれから何年の月日が…。

2008年09月01日 Comment(8)

yukachan.jpg

あることがあり、先日来、仕事を始めた頃の先輩とメールをやり取りをしているのですが、その中にこんな一文が…。

本当にお久しぶりですね。
昨年、あなたの書いた本を読みました。
大変な苦労をされたようですね。

苦労?
あのアトピー体験は苦労だったんだろうか。

そういえば、あの本を読んだ数人の知人からも、「あなたはお気楽な人生を歩んでいたと思ってたけど、大変な苦労をしたのね」と言われたことを思い出し、久々に自分の本を読んでみたものの、特にアトピーでの苦労談が書かれているとも思われず、あの体験は苦労だったのかしらん?とふり返ったりしています。

というのも。
週末、アトピー入院時代の友人が遊びにやってきたのですが、その頃の話をするうちに彼女が「あの頃は体調が大変だったと思うのだけど、あの入院は楽しい思い出がいっぱいなのよね~」と。「そうそう、病室を抜け出して夕顔瀬橋のたもとで缶ビール飲んだりね」と私、(笑)。

私にとってはじめての出版となったあの本は、アトピー闘病記ではなく、今はつらいけどその先にはきっと楽しいことがいっぱいあるはず、どんな時もどんな状況でも楽しんじゃお!を語るように書いたものでした。だから、あの本を読んで「苦労したのね」と言われると自分では???と思うのかもしれません。

2005年11月発売のもうずいぶん時間の経った本というのに、ありがたいことにいまだに購入してくださる方もいらして、先日も「ファンメール」という嬉しいタイトルのメールをいただきました。

またサハラさんの時に笑いあり。
時には少しかなしいこともあり。
日々の出来事を綴った文章に
前向きで温かいものを感じ心癒されたのです。

サハラさんのブログで助けられた者がいることを
知って頂きたくて、メールした次第です。
長々と綴りましたが、最後に
ブログを書いてくださってありがとうございます。
サハラさん、ほんとうにありがとう。
これからもどうぞ素敵な文章を書いてください。

自分の書いた文章が誰かの励ましになるなんて!!!
こんなに嬉しいことはありません。
こうしてメールをいただけることに心から感謝です。
と同時に、きゃ~いいなー、わー素敵、ありがとうございます、などの思いをたくさんのブログからいただいているというのに、メールはおろかコメントすることの少ない自分を反省したりも…。

いただくことばかりが多い最近の私。
たくさんのお返しをしていきたいと思っています。

いつかきっと、アトピーが良くなったらさ、
泉質とか気にせず好きな温泉を選んでお泊まりしたいね。
マイシーツとかマイタオルとか持たずにね、身軽に旅行したいね。

あの頃描いていた「いつかきっと」が叶った週末でした。
Yちゃん、遠いところありがとう。
温泉じゃなく、旅館でもない「川の家」だったけど、楽しい一夜でした。
あの頃の体験がお互いに楽しい思い出に変換しててほんと良かった。
嬉しくて飲み過ぎちゃったこと、反省してます(笑)。また会いましょう。
次回はCちゃんもHちゃんもYちゃんも、きっと一緒に会えますように。

【今日のいつかきっと】
願い事は書いておくに限る。必ず叶うためにも。




※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧

commentコメント

SYです!
ちょっと、思い出して涙がでてきました~
あの時は大変だったのだけど、本当に楽しかったです!みんなで温泉行ったり、お散歩して素敵なお皿やさん行ったり、朝早く散歩して、豆腐買ったり、福田パンのあんバターは忘れられない味です。
私、最初は病院で不安で仕方なかったけど、同室のサハラさん、yちゃん、hちゃんのおかげで、とーっても楽しかったです。
Yちゃんの赤ちゃんが生まれた時は、かなりひどくて、「入院」も考えたのですが、急にぱーっとよくなりました。いまだに、夏も長袖ですが、まーしょうがないね~。
あれからもう10年たつのかぁ‥あ~あ、皆に会いたいな~。Yちゃん、私も誘ってくれたらおじゃましたのに~って思っちゃいました!

■ SYちゃん!!! 

ここ、読んでくれてたのー、嬉しいー、お久しぶりー、元気そうでなにより!

福田パンのあんバター!懐かしいね~。
あの長かった入院生活はほんといろいろあったね。
真夜中のお茶会とか、早朝の往復15,000歩の朝市までの散歩とか、材木町の雑貨屋さんとか、病室で見たロンバケ(最終回、私は寝てて見逃しちゃって、なんで起こしてくれなかったのー、だってよく寝てたから~)とかね(笑)。

あの時、303号室でほんとよかった。他の病室だったら、あの入院が今思うほど楽しいものじゃなかった気がする。だって、Hちゃん、Yちゃん、SYちゃんが次々と退院して私だけが残ったでしょ。それから同室になった人たちは、もう住所録の中にもいないから…。あまり記憶にもないなぁ。
それにね、10年じゃなくてもう12年以上も前のことなんだよ、あの頃のことって。

今度またみんなでお泊まり会をしよう。
「川の家」、風がとても気持ちいいの。ぐっすり眠れるよ、きっと♪

12年も前!?めちゃ若かったなぁ。一番最初に、色々と面倒をみてくれたHちゃんには、本当に感謝しています。だって、最初に優しくしてもらえたから、多分皆のことも自分の事のように思ったりできたと思うんです!懐かしの温湿布とかね!じゃ「川の家」楽しみにしています★

■ セキトリコさん こんにちは♪

ほんとね、Hちゃんがいなかったら私たち今のようじゃなかったかも…。
ほんと、彼女には感謝してもしつくせないね。
最終的な私の主治医になった野村先生もHちゃん情報だったんだよね。
はじめはCちゃんに付いて行くだけの予定が私も診察を受けて…。
いろんな人やコトが繫がっているんだなぁと、しみじみしちゃう。

温湿布、懐かしいね(笑)。みんなで会おうね~、きっと、必ず。

「大変だったね」って言われると素直に「うん」って答えられるけど
「苦労したね」には「はい、苦労しました」とは言えないんだよね。
苦労って言葉は、なんだか重々しいわ~。

サハラさんの文章には清々しさを感じます。
このブログも本も。
本を読んだ時にはまだお会いしてなかったけど
想像してたよりたくましい人でちょっぴり笑えたよ。

■ mayuさん こんばんは。

喉元過ぎれば…、とは似たようで違う感覚なんだと思うけど、
今思うとね、あれは「苦労」というワードでは違和感があるのです…、ね。
あれがなければ、嫌な40女になってただろうなーと我ながら思いますが(笑)。

> 想像してたよりたくましい人でちょっぴり笑えたよ。
mayuさん、私のこと樋口可南子的イメージを抱いていたんだよね。
んなワケないでしょー(笑)。

はじめまして。
サハラさんのブログ(わたしきれい)は半年ほど前に出逢ってそれからちょこちょこと読ませていただいてます。
最初はアトピーが入り口で、そしてその後は私自身がとってもあこがれる古民家暮らしを実現されているのが、なんだかうれしくて。
ブログも「いつかきっと」になって、すごく素敵な写真やことばが沢山で明るい清々しい気持ちにさせていただいています。
この間、「わたしきれい天然生活」購入、すぐに読んでしまいました。 
わたしもいつかきっと、もっと自分自身の笑顔に自信が持てるように、、、マイペースに頑張ります。
ありがとうございます。、、、その気持ちを伝えようといきなりですがコメントさせていただきました。

■ かんママさん はじめまして。

コメントありがとうございます。
また、拙書をお読みいただいたとのこと、重ねてありがとうございます。

あのつらかったアトピーが、
こうしてたくさん出会いを連れてきてくれるなんてと、ちょっと不思議です。
アトピーになってよかったと言うには心理的な語弊がありますが、
あの体験がなかったら今の自分はいないのだとしみじみ思います。

私もかなママさんのブログに遊びに行かせていただきます。
犬のことなど、またあらためてゆっくり♪

commentwriteコメントする