" /> 今年の米はいい出来だ!米穀店から太鼓判をいただきました。: いつかきっとドットコム

今年の米はいい出来だ!米穀店から太鼓判をいただきました。: いつかきっとドットコム

今年の米はいい出来だ!米穀店から太鼓判をいただきました。

2013年09月26日

小雨降る中での稲刈りから5日後、
9月13日に脱穀作業を行いました。
本来なら10日~2週間は天日干ししたいところですが、
大型台風接近中のため連休前に行うことになった次第。




我らの田んぼメンバーは、
それぞれが仕事を持っていることもあり、
6人全員が揃うことはけっこう難しく、
今年の脱穀作業は5人で行ないました。

いやー、暑かったーーー!!!
顔から汗が噴き出ました。
タオルを首に巻いて前で縛るのは
噴き出る汗を拭きとるための
効率のいい縛り方だったんだなぁ、
なんて思いつつ吹き出す汗をぬぐってました。




小雨が降ってた稲刈り日。
それを物語る泥の付いた稲穂。


今年で3年目となったお米作りですが、
毎年稲刈りや脱穀は暑い日にあたるんです。
暑さに体力を取られ大変は大変なものの、
暑さよりなによりかにより肌が弱い私にとって
乾いた稲先が顔に触れたりもみ殻が飛んできて
チクチクするのが厄介なんですよね。

でもまぁ、なんというか。
この大変さを経たからこそ
収穫の喜びが何倍にも増すのかなぁ、なんて。


子どもの頃お茶碗に張り付いたご飯粒を
一粒たりとも残さぬように
「集まれ集まれ」して食べたことの意味が
顔から噴き出る汗を流して心底分かった気がします。


イマドキは小学校でパソコンや英語を習うそうだけど、
稲刈りや脱穀作業を必修にすればいいのになぁ。
そうすれば「集まれ集まれ」がもっと生きるのになぁ。
そんなことを思ったりも。




で、毎年籾摺りでお世話になっている米穀店に
脱穀した籾を持って行ったところ、
(乾燥が足りないとのことでブルーシートの上で
2日ほど天日干しをしました。)
「今年のお米はいい出来だ!」と
お褒めの言葉を頂戴したのでした。

ヤッター!!!!!




新米を袋に入れてお手製のラベルを稲穂と共に貼り、
お手紙書いて、箱に入れて、ピーッとテープ貼って。
宅配便の伝票書いて、親や子どもや友人へ。




おかあさん、おつかれさま。
今年はいいお米が採れてよかったね。
送った先のみんなが喜んでくれるといいね。

実々、ありがとう。
お米はね食べ物だけど、ただの食べ物じゃないのよ。
心の奥がジーンとくるものなの。
だから、きっとみんな喜んでくれると思うわ。

おかあさんのお父さんなんて
「アトピーひどかったのになぁ」
「もみ殻のチクチクも平気なんだなぁ」
って感慨もひとしおみたいよ。
それになんてったって、今年は米穀店からの
「今年の米はいい出来だ!」って
太鼓判が押してあるんだもの~♪♪♪
来年もまた田んぼがんばるわよー。
いぇい!!!




※ この記事をブックマークする。

関連カテゴリ記事一覧